英語嫌いでもプログラミングを始めたいなら

プログラミングを勉強してみようと思った時、コードを見て「なんだか英語みたい」と思ったことはありませんか。

学校での勉強で英語が嫌いになってしまった方は、すぐに気付いたかもしれません。必要性を裏付けるかのように、英語とプログラミングの勉強を組み合わせたスクールや留学の広告も目につきます。もしかすると、これからまた英語を学ばなければならないのか、とうんざりしているのではないでしょうか。

今回は、プログラミングを学んでみたいけれど、英語は嫌いという方に向けて記事を書いています。

正直、英語力があるに越したことはない

英語ができなくても、エンジニアとしてお仕事をされている方はたくさんいらっしゃいます。ですので、英語力は必須であるとは言えません。ですが、英語力がある方がアドバンテージがあることは確かです。まず、英語がわかると初期段階のプログラミングの習得は早くなると考えられます。理由は、大きく分けると3つあります。

① タグや関数・クラス名などの内容が理解しやすく、記憶に残りやすい

関数・クラス名などは、そのほとんどが英語の単語のままもしくはその略の組み合わせなどとなっています。そのため、元となる単語を既に知っていれば、内容の把握が簡単になります。

例えば、Java Scriptなどでよく見かけるvarは変数という意味のvariableの略、functionは関数、switchは切り替えるという意味の英単語です。元の単語とその意味がわかっていると、急に分かりやすく、なぜそこにその言葉が入るのかが理解できるように感じませんか。

② 英単語が元となった、タグ・関数・クラス名ならタイピングも速くなる

日頃から英語で文章をタイプすることに慣れていると、関数名が多少長い名称だとしても元の単語を知っているのでミスも少なく、タイプするのも速くなる傾向があります。本当に最初の段階だけと考えられますが、タイピングスピードに大きな差がつき、課題を進める速度も速くなると想像できます。

ただし、プログラミングをおこなうときには、単純なタイプミスが原因となるエラーを回避する為に便利なツールやチェック機能を使うのが常です。そのため、タイピングの速さについては、遅かれ早かれ大差はなくなります。

③ 公式ドキュメントやQ&Aサイト、新しい情報を参照しやすくなる

不明点がある場合には、公式ドキュメントを参照しますが、公式ドキュメントは基本的には英語です。日本語化されている場合もありますが、部分的に英語のままということは少なくありません。

また、ちょうど同じようなエラーで困っている人が、Q&Aサイトで質問していることをたまたま見つけられることもあります。数回のやり取りのあと、的確に回答されてその人は解決していても、そのやりとりが英語のままということは少なくありません。

さらに、新しい情報が世界中に向けて発信されるとき、第一報は英語です。このように、情報へのたどり着きやすさが、英語力があると変わりますね。

英語がわかると得られる一番のメリットは、仕事先の選択肢が増えること

エンジニアという仕事は、海外就職しやすい仕事のひとつです。日本語以外の言語はわからない場合には、国内のクライアントを持つ国内の会社以外を検討するのは難しくなります。

しかし、英語ができる場合には、海外のクライアントとやり取りがある国内の会社が視野に入り、欧米・アジアにオフィスがある会社も検討リストに含まれますよね。応募できる会社の数がぐんと増えるのは間違いありません。

また、パソコンとインターネット接続があれば基本的には仕事ができるので、他の業種に比べるとリモート勤務が実現しやすいのも嬉しいですね。

どうしてフランス語でも中国語でもなく、英語なのか

 実は、プログラミング言語は英語が元になって作られています。英語を構成するアルファベットは単純な文字であるため、プログラム用に使用しやすいのだそうです。さらに、インターネットの世界はアメリカが中心となって発展していることを考えると、英語が元になるのはとても自然です。

余談ですが、もし中国語がプログラミング言語として世界標準となっていたら、中国語を母語としない世界中のエンジニアが大変苦労していたでしょうね。そしてインターネットの世界はこんなに発展しなかったかもしれません。

それでも英語を学びたくない人の解決策

なぜ英語が必要なのかは理解できても、やはり苦手意識がある分野の勉強に取り掛かるのは抵抗がありますよね。では、英語に苦手意識を持つ、ある現役のエンジニアの方が使っている解決方法を一部紹介いたします。

一番簡単な解決方法

  • 関数やクラス名は語呂合わせで憶える

学校で英語の授業が始まったばかりの頃、無理やりローマ字読みをして英語のスペルを暗記していた方は少なくないのではないでしょうか。まさにその方法です。

  • オンライン翻訳サービスを最大限に活用する

Google翻訳に代表されるオンライン翻訳サービスを有効活用しましょう。流暢な日本語訳が必ず提示されるとは言えませんが、理解を助けてくれることは間違いありません。

英語を見るのも嫌だけど、プログラミングを始めてみたいという方に

英語を嫌いな理由は、本当に人それぞれだと思います。文法で混乱して嫌いになってしまったり、発音がうまく出来なくて他人に笑われて嫌になったり、たまたま英語の先生が意地悪で英語自体が嫌いになってしまったり。

けれど、ここまで読んできて、プログラミング言語と英語を一緒に学んだ方が良いと言われる理由も、少し理解いただけたのではないでしょうか。

ここで、英語に極力触れることなくプログラミングの学習を始める方法をご紹介します。

英語力の要らないプログラミング入門:ビジュアルプログラミング言語

通常プログラムを書くときは文字だけで記述しますが、ビジュアルプログラミング言語では視覚的なオブジェクト(積み木のような形をした図形)をドラッグ&ドロップして、繋げていきます。

プログラミングを推進するアメリカの非営利団体Code.orgが運営しているHour of Codeには、このビジュアルプログラミング言語を用いたチュートリアルが用意されています。マインクラフトやアナと雪の女王などを題材としており、操作が比較的簡単なので、小学生向けとされているものが多いですが、大人でも最初の取っ掛かりとして試してみるのにちょうどいいですよ。

Hour of Codeチュートリアル一覧:https://hourofcode.com/jp/learn

日本語プログラミング言語:なでしこ3

実は英語を使わず、日本語でプログラミングができる言語がいくつかあります。そのうちのひとつであるなでしこ3は、公式ページに簡易エディタが設置されています。どのようなプログラムを入力をするとどんな風に動くのか、リファレンス>文法についてを参照しながら動かしてみましょう。

なでしこ公式サイト:https://nadesi.com/doc3/index.php

なでしこ3は精力的にアップデートが行われています。マイナビですでに40本以上の記事が連載されていますので、しっかり学べばアプリも作れるようになれますね。

参考:ゼロからはじめてみる日本語プログラミング「なでしこ」https://news.mynavi.jp/series/nadeshiko

なお、日本語プログラミング言語での求人は、個人的にみたことがありません。実際に就職を考えるのであれば、他の言語も並行して学び始めるのが良さそうです。

面白い書籍の紹介:ふりがなプログラミングシリーズ

ふりがなを振ってコードを読むという面白いコンセプトの本がありますので、ご紹介します。数ページ眺めてみるとわかるように、プログラミングならではの理解の仕方をふりがなを振ることで理解しやすくしています。何度もこの記述を目にすれば、自然とその意味合いが身についてきそうです。

Ruby, Python, Unity C#, Java Script, Excel VBAが用意されています。勉強し始めにはとっつきやすいでしょうから、他の言語も出版されるといいですね。

まとめ

英語とプログラミング言語には深い関連性があるので、しっかりコードを書いて、WEBページやサービスを作ろうとすると、英語を避けて進むことは難しくなります。しかし、苦手なことでも興味を一度持てば、意外とスムーズに克服できてしまうかもしれません。

英語の存在にとらわれず、まずは気軽にプログラミング学習に触れるところから始めてみてはいかがでしょうか。