スペイン語の数字をマスター【3〜4桁編】

スペイン語を学び始めたはいいけど、数字がなかなか頭に入ってこなくて困ってはいませんか?このブログでは、スペイン語習得の上で、誰もがつまづきやすいポイントを説明しています。

今回は「3桁・4桁の数字」を中心に紹介していきます。

すでに1桁〜2桁の数字については、もう学んだという前提で進めていきますね。まだ基本的な数字を知らない人は、こちらの記事を先に読んでください。

なお、意識低い系スペイン語習得アニメ「カタコト・スペイン語」チャンネルでもほぼ同じ内容を紹介しているので、動画の方が頭に入る人は、YouTubeでご覧ください。

これらの数字は、例えば飲食店での支払い、バスやタクシーなどでの支払い、買い物で値切る時など、使う可能性が高いので、憶えておくのがオススメです。

3桁の数字のスペイン語での読み方

まず3桁の数字から見ていきます。100

cien

といいます。これを複数形にすると、「cientos」という形になります。あとはこれを、2〜9までの読み方と組み合わせればほとんど出来上がりです。

200 dos + cientos = doscientos
300 tres + cientos = trescientos
400 cuatro + cientos = cuatrocientos

5はCincoですが、500は15であるquinceに近くなるイレギュラーな形を取ります。

500 quinientos
600 seis + cientos = seiscientos

7はSieteですが、700は70setentaに近くなるイレギュラーです。

700 setecientos
800 ocho + cientos = ochocientos

9はnueveですが、900は90noventaに近くなるイレギュラーです。

900 novecientos

なお、女性形を指し示す場合は、全て語尾が「cientos」から「cientas」に変わるので、気をつけてくださいね。

切りの良い数字はこれで大丈夫ですね。端数が出た場合は、後ろに2桁の数字をスペイン語で追加するだけです。

例えば、648だと、

Seiscientos cuarenta y ocho

と言います。難しくないですよね。

4桁の数字のスペイン語での読み方

4桁の数字も見ていきましょう。まず1.000

mil

といいます。その先の4桁の数字は、2〜9までの読み方と組み合わせればイレギュラーなく出来上がりです。

2.000 dos mil
3.000 tres mil
4.000 cuatro mil
5.000 cinco mil
6.000 seis mil
7.000 siete mil
8.000 ocho mil
9.000 nueve mil

100の位以降は、必要に応じてくっつければ大丈夫です。たとえば2.020であれば、

dos mil veinte

これで問題ありません。

補足:実は99万9000までこの方式でOK

余談になりますが、10~999までの数字に区切りのmilをつければ、99万9000まであらわすことができます。

10.000 diez mil
11.000 once mil
12.000 doce mil
13.000 trece mil
14.000 catorce mil
15.000 quince mil
16.000 dieciséis mil
17.000 diecisiete mil
18.000 dieciocho mil
19.000 diecinueve mil
20.000 veinte mil
999.000 novecientos noventa y nueve mil

これらも、100の位以降は必要に応じてくっつけるだけです。

日本語では数万、数十万、数百万、数千万・・・と数えていく区切りの数字が、スペイン語ではこのmilになります。そしてカンマではなく、ピリオドで区切るので、不思議な感じがしますね。ですがこのやり方で、かなり大きな数までできるようになりましたよ。