メキシコシティでiPhone修理ならFix Friendsで決まり!

完璧に手配して始まったはずの楽しい旅が、一転して雲行きが変わることって稀にありますよね。

私にとって今回のCDMXことメキシコシティへの滞在がそうでした。

Mexico Cityの空港からUberで宿泊先近くの通りまで送ってもらったところ、お腹が空いたのでちょっと寄り道しようと思いました。

目と鼻の先にあったレストランでタコスタイム。ちょっと欲張って追加注文をしようかなとメニューを再度取り寄せた時、テーブルから石畳にiPhoneが落下したことをきっかけに状況が一変。iPhoneの画面右半分が接触不良を起こし、ログインができなくなったんです。

縦に筋が表示されているところが接触不良で何も反応しません。ちなみに壁紙は、
カンクンの有名な貝殻ホテルです。

頭が真っ白になりました。何と言っても宿泊先に辿り着く前なんです。電話も通信もできない状況に加えて、番地とルームナンバー、AirBnBホストの顔と名前も、うろ覚えです。さらにスペイン語も満足に話せません。どうやってコンタクトしたら良いというのでしょう。

宿近くまでは来ているけれど、ここから記憶を辿って足で探すしかない・・・どうしよう・・・通りを行ったり来たり30分ほどでしょうか。重い旅行鞄を片手に小雨をやり過ごしながらの探索は、悲惨さが増します。

メキシコシティ到着初日にこんな経験をしてしまったので、同じようにメキシコシティでiPhoneを壊して途方に暮れる人を少しでも減らすべく、メキシコシティのiPhone修理のお店を紹介することにしました。

スマホが壊れてしまうと、写真を撮ることも、現地で友達と連絡を取ることも、SNSを眺めることも、目覚ましをかけることも、地図を見ることも、ちょっとしたメモを見ることも、情報を探すこともできなくなってしまいます。海外ではかなり致命的です。

それなのに、必死で現地のお店を探すサイトで見ても精度の低い情報に惑わされて困ったので、実体験を基にして必要な方に見てもらえることを目指しています。

Fix Friends:CDMXで英語が通じるiPhone修理店

Fix Friends
住所:Cozumel 84, Hipódromo, 06700 Ciudad de México, CDMX
電話番号:+52 55 6539 7109
Facebook:https://www.facebook.com/fixfriendsmexico

もし知り合いのスマホなどからWhatsAppで連絡できるなら、上記の電話番号宛で、メッセージでの問い合わせができます。

Facebookに予約フォーマットがあるので、都合のいい日時を連絡するとスムーズかもしれません。実際にこの修理店で働いているスタッフの写真もFacebook上に掲載されています。顔が見えるって安心ですね。

なお、日曜日はお休みです。

営業時間:
平日 12:00 pm - 7:00 pm
土曜 1:00 pm - 5:30 pm
日曜 定休

実際に修理依頼に訪れた時の話

Fix Friendsの場所は、メキシコシティのパルケ・エスパーニャ(日本語でいうスペイン公園)のすぐそば、コスメル通りという小道に入ってすぐのところにあります。

https://goo.gl/maps/cACZWbr8qhdCJg2X9より転載

入り口は若干わかりにくく、隣のビルの警備の方に尋ねてしまいました。扉の上部に白い文字で「84」と書いてあります。わかりにくいので黄色い丸で囲んでみました。

隣が「84A」、逆の隣が駐車場だったので、見落として通り過ぎてしまいそうですから要注意。

黄色い丸のところに84と書いてあります。

扉の右手と左手に全部で3つも呼び鈴がついていて、どれを押せば良いのかまたも迷う場面です。向かって右手にあるカメラ付きの呼び鈴を押すとFix Friendsに繋がります。

私の場合は、1階のクリニックに行く女性のお客様とたまたま同じタイミングだったため、一緒にエントランスに入ることができました。

しかし、ビルの入り口がもうそのクリニックの待合室になっている状態。あれ、間違えた???

果たしてこのビルで合っているのか不安で、入り口で出会したクリニックのスタッフの方にこの建物で間違いないかを聞いたところ、

Fix FriendsはPrimer piso(1階)だから、左手の階段を上がってね」

とのこと。なお紛らわしいのですが、メキシコでは、日本でいう2階が1階です。

日本でいう1階が地上階という扱いになり、上の階に行くごとに1階、2階と数えると考えるのがわかりやすいでしょう。そのため、「1階ですよ」と言われたら一つ階を上がる必要があるんですね。

お洒落な螺旋階段を上ったところで、ちょうど荷物の整理などをしていた男性が声をかけてくれて、その人がFix Friendsのスタッフさんでした。予約をしていないのにずうずうしくも私のiPhoneの症状を実際に動かして見せると、英語でろくに説明もしていないのに状況を理解してくれて、「今このiPhoneのサイズのガラスの在庫がないな・・・iPhone7の物で代用するかな。えぇと、6時か7時くらいに戻ってこれる?」という感じで言われたので、壊れたiPhoneをお店に預けて一度部屋に帰ることにしました。

iPhoneの機種によって値段は異なるようで、店内にあるホワイトボードにそれぞれの修理の価格が書かれていました。(写真はありません・・・だって私のiPhoneは壊れていたから!)

私の持っているiPhone SEは古すぎるのか価格表にすら載っていません(ちょっとショック)。そのため、iPhone5扱いとしておおよその値段を教えてくれました。日本円でだいたい5,000円ほどでした。

名前と連絡先(この時はAirBnBのホストから借りていたスマホの電話番号)を書き残して、夜にまた来ることにしました。

閉店間際の再来訪でiPhone完全復活

夜7時ちょっと前くらいに、再度このビルに戻ってきました。扉のインターフォンを押すと、Fix Friendsのある左上の部屋の窓から男性が「今開けるよ!」と声をかけてきました。

2階(メキシコでいう1階)にたどり着くと、もう閉店時間なので男性が友人を招いてのんびりしていたようです。画面がきれいに表示できるようになったiPhoneを受け取り、動作チェックを軽くして料金を支払うと、ビールを勧められました。さすがAmigoな国。私はお酒を飲まないので丁重にお断りしたのですけれど。

そして、なんと修理保証が1ヶ月もつきました。ありがたい!

そんな外国人にもとてもフレンドリーで確かなサービスを提供してくれるFix Friendsの連絡先を再掲しておきます。

Fix Friends
住所:Cozumel 84, Hipódromo, 06700 Ciudad de México, CDMX
電話番号:+52 55 6539 7109
Facebook:https://www.facebook.com/fixfriendsmexico

この時はたまたま手が空いていたので、予約なしで突撃した私のiPhoneの症状を話して、その場で預かり修理してもらうことができました。もし先客がいると待たされる可能性があるので、可能であればWhatsAppかfacebookで連絡を入れてから訪ねた方が良いと思います。Facebook上のコメントをいくつか読む限り、きちんと予約していけば、症状によっては10~15分ほどで完全復活できるようです。

補足情報:iPhone修理の確かな情報はyelpも地元の人も当てにならない

今回は一緒に持参したMacBookでローカルビジネスの口コミサイトyelpとGoogle mapを駆使して、なんとかメキシコシティでiPhone修理の信頼できるお店を見つけ出すことができましたが、正直最初にあたった情報は不確かなものばかりでした。

まず、私がiPhoneを壊したのが土曜日の午後。MacBookを路上で開いて公共のWifiを捕まえ、AirBnBからの通知メールで宿泊先の住所を確認してAirBnBに到着、それからiPhone修理のための旅に出ましたが、この日は全て無駄足に終わっています。

1、AirBnBのホストの助言でMOBO Shopへ

MOBO Shopは、液晶保護フィルムやイヤホンなどデバイス周りのものを扱っている店で、メキシコシティの空港にも入っています。目指して歩いて行った近所のMOBO Shopは定休日、そこから2軒目のMOBO Shopに足を運び、スペイン語しか通じない店員に身振り手振りと英語で確認したところ、この店で修理は扱っていませんでした。

後日調べたところ、MOBO Shopの一部店舗では修理を受け付けていることがWEBページで確認できました。もしFix Friendsが立地的に遠いときは、こちらに問い合わせるのがベターかと思います。

料金表(TABLA DE REPARACIONES)も公開されているので安心です。

MOBO Shop: https://www.mobo.com.mx/cellrepair

2、ショッピングモール内のMix Upへ

土曜日の夕方に差し掛かり、閉店時間が近づいていることを感じていた私は、近隣で別の修理のできそうな店を道端でスマホを駆使して探し、一番近かったMix Upにやってきました。

Mix Upは、MOBO Shopと同じようにデバイス周りのものを扱っているお店で、修理は扱っていません。その代わり、話しかけた店員さんが斜め上を指さしてました。そこにはMacStoreがあったんです。

3、Mix Upと同じモール内のMacStoreへ

MacStoreでは、Apple関連の商材をApple Storeとそっくりな内装の店内で扱っているので、日本にあるApple Storeと同様の位置付けのようです。

店員に機種と症状を英語で説明して確認してもらうと、修理工場に送らなければならないのか、私の持っているiPhone SEだと修理で5日〜10日かかると言われました。最新機種ならもう少し短縮されるかもしれませんが、即日修理はありません。1週間しか滞在しない私には、修理依頼は考えられませんでした。

実はこの日はパレードも行われているお祭り気分一色の日だったため、人通りも渋滞も酷く感じて全て徒歩で回ったのですが、手頃な時間で修理してもらえるような有力情報は皆無。土地勘もまだなかったので、メキシコシティ初日はこれだけで終了です。私は何しに来ているんでしょう・・・

迷わずFix Friendsに相談してしまおう

このように、慣れない土地では言葉が思うように通じず、情報も確かな物を手に入れづらく、無駄足を踏むことが少なくありません。今回のようなケースの場合、最初にもらえたアドバイスは正しかったものの、最終的に目的の修理店へたどり着けないことには意味がありません。

そのため、もしあなたや友人のiPhoneがMexico Cityで壊れてしまったら、まずはFix Friendsに問い合わせてみてください。

Fix Friends
住所:Cozumel 84, Hipódromo, 06700 Ciudad de México, CDMX
電話番号:+52 55 6539 7109
Facebook:https://www.facebook.com/fixfriendsmexico

なお、正規店以外で修理してしまうとAppleの保証外となってしまいます。もし気になるなら、オンラインでAppleに確認するのが良さそうですよ。