自宅でできる感染症予防ガイドから学ぶスペイン語

新型コロナの脅威が収まることなく、ゴールデンウィークに相当する1週間が終わりを迎えようとしています。感染を防ぐために、個人個人ができることをしっかり行なう必要がありますよね。今回は自宅でできる感染症予防ガイドのスペイン語版を見つけましたので、スペイン語で少し読み進めてみようと思います。

なお、この記事で紹介するのはInternational pressで取り上げられている記事です。記事本文を読んでみたい人は、こちらのリンクからご覧ください。

1, Evitar los ”tres Cs” :3つの「密」を避けましょう

毎日のように見聞きする言葉になった3つの「密」のフレーズは、スペイン語にすると”tres Cs”(=3つのC)と言えるんですね。その3つとは、

密閉:Espacios Cerrados
密接:Escenas de contacto Cercano
密集:Lugares Concurridos por mucha gente

Cerrado(閉じた), Cercano(身近な), Concurridos(混雑した)で”tres Cs”なんですね。

2, Limpiarse las manos con frecuencia:こまめに手を洗いましょう

手洗い:Lavarse las manos
うがい:Hacer gárgaras
除 菌:Desinfección

うがいという単語は、実際にうがいをしている音に似ていて憶えやすそうですね。

また、Desinfecciónは、分離・反対の意味の接頭辞Des + infección(感染)という作りの単語です。つまり、感染の反対なので、除菌や消毒、ウイルス除去といった意味になるのです。

3, No tocar la cara con las manos:手で顔に触らないようにしましょう

El virus entra por los ojos y la boca. 
Si no se toca con la mano que lleva el virus y se evita los ”tres Cs”, casi se puede prevenir la infección.

*La gente se toca la cara inconscientemente unas 23 veces por hora.

この三文では、このような内容が書かれています。

ウイルスは目と口から入ります。ウイルスがついた手で顔を触らず、かつ3つの「密」を避ければ、ほぼ感染を予防できます。
なお、人間は無意識のうちに1時間に約23回顔に触れています。

最後の一文については、そうなんですか?と驚く内容ですね。
正直日本語で書かれていたら読み飛ばしていたかもしれません(不届き者ですみません)。

無意識に、という単語はinconscientementeというとても長い単語です。こちらも組み立てをよくみてみると、不・無といった否定などの意味の接頭辞in + consciente + 形容詞を副詞に変えちゃう接尾辞menteという構成です。conscienteは「意識的な・意識する」といった意味なので、全部合わせて「無意識に」という意味になるわけです。

接頭辞・接尾辞に慣れると、知らない単語でも想像がつきやすくなるので気にしてみるのがおすすめです。

その他にも発熱や換気、生活空間を分けることなどについてもスペイン語での表記がこのリーフレットには掲載されているので、興味がある人は是非詳しく読んでみてください。

身近なリーフレットからスペイン語を学ぶいい機会

いかがでしたか。こういったガイドは、言葉が全て分からなくても知っている内容があるので、ちょっとした単語を学ぶのにかなり取り組みやすいんですよね。イラストも見慣れたいらすとやのもの等が使われていて、親近感も湧きます。

身近にスペイン語の資料があったら、時間のある時に少し読み進める癖をつけるだけで、知っている単語数がかなり変わってきますよ。

今回参考にしたニュース記事:
Médico japonés presenta guía en español para cuidar enfermos en casa