【LAVA体験談】ウェーブリングは痛キモ?いや、痛い!レッスン【常温ヨガ】

先日から通い始めた、ホットヨガのLAVAのレッスンをランダムに紹介しています。

ホットヨガばかりかと思いきや、常温のヨガがあったので、どんな内容だろう?とレッスンに行ってきました。

ウェーブリングヨガ:筋膜リリースにヨガを加えたレッスン

良く調べもせずに今回のレッスンには行ってしまったのですが、ウェーブリングのレッスンは単なる常温の部屋でポーズをとるヨガではなく、ウェーブリングというグッズを使ったレッスンでした。

このウェーブリングのサイズは、ゲームセンターによくあるカーレースの筐体のハンドルぐらいのサイズです。(伝わりづらいですね・・・)

最後に出てきますが、実はこのウェーブリングの横幅が私の肩甲骨の幅にはピタリとはまって、すごく気持ちよかったです。フィニッシュにこのポーズを入れるなんて、LAVAサン商売上手!と思わざるを得ません。きっとこの気持ちよさが忘れられず、買ってしまう方が後を絶たないはずです。

ウェーブリングを使って主に下半身の筋膜をほぐして美脚に!?

ウェーブリングのレッスンでは、筋膜リリースから始まります。インストラクターはこの筋膜リリースを日ごろから続けたことで、脚が細くなったそうです。こういう話を聞くと、頑張ろうっていう気持ちが芽生えますね。

まずは右のお尻の下に、このウェーブリングを山なりの状態で敷いて、その上に座禅を組んで座ります。

痛い!

座っただけなのに、めちゃめちゃ痛いです。「前後左右に動かしてみましょう」なんて言われても、座っているだけで精いっぱい。

次は左のお尻。そして右の太もも裏の上半分、下半分、左の太もも裏の上半分、下半分、ふくらはぎも同様に・・・と脚の背面、側面を全体的に自重をかけて前後左右に動かしながらほぐしていくのですが、これがめちゃ痛い。

筋肉を使いすぎているところや疲れているところは特に痛いらしいのですが、脚の9割がた痛かったです。どれだけ酷いのでしょう・・・。

しかしこのレッスンでとても不思議なのが、ほぐし進めるうちに、この痛いのが不快ではなくなってきて、「もっと刺激が欲しい」となってしまうところ。内なるM性でも目覚めたんでしょうか。人間って恐ろしいです。

一通り脚をほぐし終わった後は、足先にこのリングをひっかけて、膝裏を伸ばしたり、リングを足の裏で少しずつ踏みながら前進・後退して土踏まずを刺激・・・もといほぐしたり。

一通り筋膜リリースが終わると、リングの幅を生かして三角のポーズや鳩のポーズにトライ。トライしますが、普段から得意ではないポーズは意外と難しいです。

通常のハトのポーズ

最後はウェーブリングをくぼむ形で床においてその上から寝そべり、腰から順番に肩甲骨まで何度かに分けて動かしてほぐしていきます。これが自重だけなのに、めちゃめちゃ気持ちいい・・・!もう虜になりそうです。

このウェーブリングのレッスンはLAVAでは珍しく常温のヨガなのですが、部屋が少し暖かいままなこともあってじんわり汗をかきます。そのため、着替えやタオルは他のホットヨガのレッスン同様に用意して向かうのがよいと思います。

感想: ウェーブリングのレッスンは、クセになる痛さでリフレッシュできる!

レッスン中は「痛い!」の連続でしたが、だんだんとその刺激が心地よくなるという魅惑のウェーブリングのレッスン。レッスン後は何かすっきりした感じがして、インストラクターの「脚が細くなった」発言も納得できます。

強度は2.5ですが、レッスン後はほとんど疲れなくて、むしろ疲れがリフレッシュしました。仕事終わりに行けるタイミングだと嬉しいですね。

その他にも、LAVAでの常温のクラスにはフローティングヨガがあります。設備ができないとできないヨガなので、この機会に試してみるのがオススメです。

また、LAVAのクラスを体験してみたくなった人は、まずは手ぶら体験がオススメです。